• kyara

LOVE&PEACE,LOVE&FREE

私はジェイソンと生活をした家から、実家がある街へと引っ越した。ジェイソンともそれまでの自分とも別れをするためだ。

そこは家賃10万円の新築マンション。長男と2人で住むには、充分すぎるほどの広さ、明るく広いリビングは14畳、2LDKの間取りだった。

そのマンションで、長男と2人新しい生活を始めた。そして、美容師のジョージと出会った。ジョージは、美容師というだけあって、オシャレでオンナ慣れしていて、面白くて優しい。背は高く、180センチは超えていた。長男の事も可愛がってくれて、あっという間に懐いた。ジョージは、店が終わると、片道45分以上かけて私の家に来た。そして一晩を過ごし、朝は、私が作ったおにぎりを持って出勤するというスタイルだった。

楽しい3人の時間、ただ、生活を感じる事はなかった。そして、ジョージからは常にオンナの匂いがした。生粋の女たらしだったのだろう。

私の両親とも、すぐに打ち解け、よく父と酒を飲み交わした。ジェイソンにはなかった事だった。いつもどこかでジェイソンと比べていた。

違っていたのは、同じように子供を交えた付き合いの中で、ジョージからは生活を感じず、永遠も感じなかった。今が楽しいから一緒にいるだけの男だったのかもしれない。それをどこかで承知して一緒にいたのだろう。

ジェイソンに感じていた緊張感は、ジョージには全くなく、何時も笑っていられた。3人で笑った。ただ、私以外の女も、こうしてジョージと笑っているのだろうと容易に想像できた。

ただ、ジョージが持っていた雰囲気が私は好きだった。アジアの香り、ロックの香り、そしてどこかラスタの精神みたいなものも感じていた。

SEX自体も開放的で、車の中や外でした事もある。そのスリル感や開放感が、私を絶頂へと誘った。フレンドリーなジョージとは、結局はフレンドなままだったのかもしれない。

月を見ながら体を動物のように欲望のままに動かしていると、不思議だが、地球を感じたり、宇宙を感じたのだった。何人もの女と同時に付き合っていたと思うのだが、不思議と独占したいという想いには至らず、ジョージ君なら仕方ないよね〜程度だった。要するに、愛ではなかった。

ジョージがいつもつけていた、HAPPYの香水の香りが象徴するように、ジョージからは、"LOVE&PEACE"の要素をもらっていた。

「え〜、みんな大好きだから、仕方ないじゃん」

的な考え方。

「そうだよね〜仕方ないよね〜」

的な捉え方。

全ては、愛という名のもとに自由に解放される。

それは、ジェイソンには全くもって当てはまらなかった事だった。

0回の閲覧

Matthias culmination

2泊3日ファスティング合宿のおしらせ

 

宿泊先*静岡県沼津市内浦久料

廻廻-KAIE-

沼津のフレッシュジュースのお店

『MATAHARI』とのコラボで実現した、

酵素ジュース、コンブチャ、コールドプレスジュース

のみで過ごす3日間です。

お供の水は、<ガイアの水135>

お供のデトックスティーは、<ケツメイシ>

<3大お土産特典付き!!>

その①自分で作った酵素ジュースお持ち帰り

その②ガイアの水135ライトボトル(10,520円相当)プレゼント

その③vaginaケアクリームプレゼント

子連れOK

​友達同士割引あり

現役看護師であるV.Matthias project主催kyaraによる

​全く新しいファスティングプログラムです

このファスティング合宿の目的は、体重減少や、体脂肪率減少でも、デトックスでもありません。

もちろんそれもあるかもしれないけれど、それはおまけの効果です。

最大の目的は、

食欲に蓋をして、性欲を増強させること!!

とことん真面目にこれでもかってぐらいに、

vaginaの事、sexの事、

愛の事を追求するプログラムです

お母さんでも、仕事してても、眼が回るように忙しくても、貴方はオンナです

ホンモノのオンナになった最高の自分自身に出会う

これが、Matthias culminatin

​最大のミッションです!!!

この合宿に参加することで、

貴方のvaginaが開かれ、体の中の凝り固まった、

ガチガチの思い込みをぶち壊して

流して通りをよくしましょう!!!

3日間で貴方の中のオンナに、火をつけます

めくるめく濃い内容については、

次のページでご紹介いたします。

​​