Matthias culmination

2泊3日ファスティング合宿のおしらせ

 

宿泊先*静岡県沼津市内浦久料

廻廻-KAIE-

沼津のフレッシュジュースのお店

『MATAHARI』とのコラボで実現した、

酵素ジュース、コンブチャ、コールドプレスジュース

のみで過ごす3日間です。

お供の水は、<ガイアの水135>

お供のデトックスティーは、<ケツメイシ>

<3大お土産特典付き!!>

その①自分で作った酵素ジュースお持ち帰り

その②ガイアの水135ライトボトル(10,520円相当)プレゼント

その③vaginaケアクリームプレゼント

子連れOK

​友達同士割引あり

現役看護師であるV.Matthias project主催kyaraによる

​全く新しいファスティングプログラムです

このファスティング合宿の目的は、体重減少や、体脂肪率減少でも、デトックスでもありません。

もちろんそれもあるかもしれないけれど、それはおまけの効果です。

最大の目的は、

食欲に蓋をして、性欲を増強させること!!

とことん真面目にこれでもかってぐらいに、

vaginaの事、sexの事、

愛の事を追求するプログラムです

お母さんでも、仕事してても、眼が回るように忙しくても、貴方はオンナです

ホンモノのオンナになった最高の自分自身に出会う

これが、Matthias culminatin

​最大のミッションです!!!

この合宿に参加することで、

貴方のvaginaが開かれ、体の中の凝り固まった、

ガチガチの思い込みをぶち壊して

流して通りをよくしましょう!!!

3日間で貴方の中のオンナに、火をつけます

めくるめく濃い内容については、

次のページでご紹介いたします。

​​

  • kyara

父の再発

父は、手術をし、退院した。退院時の医師からの話では、再発する可能性が高いこと、今後は、抗がん剤を外来で実施していくことなどの説明を受けた。内容的には、非常に重い内容だったわけだが、父も母も、退院できる事実を喜んでいた。今後は、仕事よりも自分の人生を楽しむ時間を過ごしてください、と言われた。

家に帰ってきても、父は、今まで同様に仕事をし、父として夫として息子として、日々の生活を送っていた。抗がん剤治療は、血液検査の結果によって、受けられないことがあるのだが、父は、結果が思わしくなく、抗がん剤をやらずに帰ってくることも多くなっていった。

私自身も、父が当たり前に家にいる時間を安心していた。それは、父不在の家族を支えることから解放された安心感だったのかもしれない。もちろん、いつ再発するかわからない、時限爆弾を抱えた父を心配していなかったわけではない。だけど、私自身の長男やジョージとの当たり前に幸せな時間も必要だった。当時、私は、実家には暮らしていなかったから、父の日々の様子は、時々実家に顔を出したり、母と電話で話したりしながら、できる限り把握しようと努めた。また、以前のようにジョージとも向き合えて、それなりに楽しい日々を送っていた。

手術から11か月目、私のいとこの結婚式に招かれ、私たち家族は大阪へ向かった。その車中、父が言ったのだ。

「また、何となく使える感じがして、モノが通りにくい」

それは、再発の兆候だった。もしかしたら、数か月前からそう感じていたのかもしれない。しかし、この大阪への家族旅行を、父は楽しみにしていたのではないかと推測される。だから、言い出さなかったのだろう。大阪では、久々に親戚が集まり、楽しい時間を過ごした。観光もしたし、たくさんの話もした。それは、これから始まる戦いに向けてのパワーチャージだったのだろう。

大阪から帰り、数日後、父は病院を受診した。そこで、検査をし、胃がんの再発を告げられた。それは、命のカウントダウンが始まったことを意味する。予測はしていたが、医師の口からその事実を聞くことにより、それは、明確な事実となって私たち家族の前に露呈した。

「在宅で家族と過ごしながら、患者としてではなく、個人として最後の時を過ごしていきましょう。」

医師からの提案に、私は少し光を感じた。父を失わずにいられる、という感覚だった。もう、病院にはいてほしくなかったのである。家族みんなで話し合い、在宅ホスピスを受けることを決断した。

在宅へ移行するためには、父の栄養を確保しなくてはならない。父の胃は、再発したがんにより、狭くなっていた。そのため、ステントという金属のメッシュ状の器具を胃の中にれ、胃を膨らませる処置を受けた。そして、中心静脈栄養を行うために、CVポートというものを皮膚の下に埋め込んだ。このポートに皮膚の上から針を刺し、高カロリー輸液を寝ている間だけ点滴するというためのものだった。そして、このポートへの針を家族が刺せれば父は退院できるということだった。母は、私と一緒に、毎晩、この練習に通った。私は、病院で経験があるので、指導もかねて母を連れて通った。医療職ではない人が、人間の皮膚に針を刺すことがどれほど怖いのか、それは、私が、看護学生の時に学生同士で注射をし合うこと以上に、恐ろしいことだと思う。しかも相手は、愛する夫だ。だけど、この技術を習得しなければ、父は帰ってこられない。この状況の中、母は、目の色を変えて練習に取り組み、見事に短期間で習得したのである。

こうして父は、自宅へ戻り、在宅ホスピスがスタートすることなった。5/27のことである。

7回の閲覧