• kyara

体の覚醒

小学校四年生の時、私の中のホルモンが動き出した。自分の脳みそでは説明ができない体のスイッチが入ったのだった。

胸が明らかに他のどうしようもない変化によって、痛みを伴い膨らんでいった。

乳首が敏感になり、自分が女なのだと思いっきり叫んでいるかのような体の変化が起こったのだった。

そこで、私は、脳みそと体のアンバランスさを感じていた。

脳みそはまだまだ甘えたい欲望に満ち、体は真逆に大人へと進化していっていた。このチグハグさが、心地悪くて、何故だか自尊心を傷つけられているような、自分であって自分でないような、そんな不協和音を放っていたのだった。

そしてある日、決定的な事が起きた。

父とお風呂に入った時、服を脱いだ私の胸を見て

「おまえも大人の体になってきたな」

と、初めて異性から指摘され、この世の終わり的に恥ずかしさを感じたのだった。何とも言えない感じがした。もう二度と、父の目に私の胸を見せたくないという思いだった。

「あなたはもう子供じゃない」

と、否定されたような感覚も感じた。それきり、父とお風呂に入ることはなくなった。と同時に、誰とも入らず誰の目にも自分の裸を見せたくない思いにかられた。

自分のはずだった自分が、違う自分へと変貌していく様を、誰にも見られたくなかったのだ。

自分だけで自分の変貌していく様を観察した。その観察は、今日も続いているように思う。

いつしか、自分ともう1人の自分、客観的に観察する自分がいた。このもう1人の自分の存在が、私の人生の中で重要なキャストとなっていく。

その後、初潮を迎えた私に、母は、その血で汚れたパンツを見せなさいと言ったので、私は誇らしげに見せた。

私はもうオトナなのよ、どうよ?と言わんばかりの態度でパンツについた血を見せた。そして、父に言ったのだった。

「オンナになったよ」

今、母となった私からその当時の私を見た時、何という可愛くない小学生だったのだろうかと呆れてしまうほど、私は大人びた子供だった。

今と身長もさほど変わらない体格で、早熟だったのだ。

オナニーを覚え、オーガズムを知り、その瞬間、自分のヴァギナが躍動する事も、もう当たり前のように知っていた。

ただ、男を知らなかっただけだったのだ。

0回の閲覧

Matthias culmination

2泊3日ファスティング合宿のおしらせ

 

宿泊先*静岡県沼津市内浦久料

廻廻-KAIE-

沼津のフレッシュジュースのお店

『MATAHARI』とのコラボで実現した、

酵素ジュース、コンブチャ、コールドプレスジュース

のみで過ごす3日間です。

お供の水は、<ガイアの水135>

お供のデトックスティーは、<ケツメイシ>

<3大お土産特典付き!!>

その①自分で作った酵素ジュースお持ち帰り

その②ガイアの水135ライトボトル(10,520円相当)プレゼント

その③vaginaケアクリームプレゼント

子連れOK

​友達同士割引あり

現役看護師であるV.Matthias project主催kyaraによる

​全く新しいファスティングプログラムです

このファスティング合宿の目的は、体重減少や、体脂肪率減少でも、デトックスでもありません。

もちろんそれもあるかもしれないけれど、それはおまけの効果です。

最大の目的は、

食欲に蓋をして、性欲を増強させること!!

とことん真面目にこれでもかってぐらいに、

vaginaの事、sexの事、

愛の事を追求するプログラムです

お母さんでも、仕事してても、眼が回るように忙しくても、貴方はオンナです

ホンモノのオンナになった最高の自分自身に出会う

これが、Matthias culminatin

​最大のミッションです!!!

この合宿に参加することで、

貴方のvaginaが開かれ、体の中の凝り固まった、

ガチガチの思い込みをぶち壊して

流して通りをよくしましょう!!!

3日間で貴方の中のオンナに、火をつけます

めくるめく濃い内容については、

次のページでご紹介いたします。

​​