• kyara

2度の流産

ジェイソンと話し合い、4人目を授かった。

だけど、何かが違っていた。悪阻はいつもひどいが、そのレベルじゃない。水どころか唾も飲めない。

検診に行って診察して、大丈夫ですよ、と言われたが、夕方から出血が始まった。量がどんどん増えてきたので病院に電話すると、診察したからでしょ?どうしても診て欲しいなら診ますけど、という返事。私は愕然として電話を切った。

でもその後も出血は酷くなり、ついに、トイレで血の塊が出てきた。明らかに胎児だった。ダメだったんだ…という思い。ジェイソンに伝えると、とにかく病院に行かなきゃしょうがないだろ?という、ごもっともなご意見を頂戴した。悩んだが、昼間行った病院に歩いて1人で向かった。

病院ではお産の真っ最中だった。もう夜間帯だったから、スタッフは少ない。足早に看護師が来て、ちょっと待っててね、ごめんなさいね、と、言い残して2階の分娩室へ入っていった。私は暗い外来で1人で待っていた。その間にも、血がダラダラ出ているのを感じていた。そのうち、騒がしくなり、ベビーが生まれたようだった。

しばらくして、さっきの看護師が来て、1人でいる私を診察室に案内した。診断は稽留流産。すぐに処置が必要だった。ジェイソンに連絡して、手術の承諾書にサインをしてもらい、ジェイソンに子供達の事を頼んで私は手術台に上がった。

麻酔から覚めて、個室で寝ていた私は、ボーッとした頭でボーッと考えていた。何がいけなかったのか?赤ちゃんは何を伝えに来たんだろう?

次の日の朝、診察を終えて、退院許可が出て、ジェイソンが迎えに来て家に帰った。子供達みんなが心配してくれていた。赤ちゃんのことは伝えてなかったから、私がなんで居なかったのかについては、疑問に思ったはずだが、普段の私と違うただならぬ雰囲気に、子供なりに何かを感じたのだろう。そっとしておいてくれた。家の中には、ジェイソンが干してくれた洗濯物が干してあった。私の母が、お見舞いに来てくれて、優しく労ってくれた。

5日後、組織の検査の結果を聞きに来てと言われていたので、行きたくもない病院に行ったところ、何しに来たんですか?という対応だった。もうどうでもよくなり、入院費だけを払い帰ってきた。

そのやり取りをジェイソンに話したが、どうもこうもなく聞いてきた。私は泣いて、一緒に分かち合って欲しいと言うと、仕方なさそうに抱きしめてくれた。


4ヶ月後、また、妊娠したが、またしても稽留流産だった。今度は違う大きな病院で手術になった。カーテンを締め切り、ひたすら泣いてひたすら眠った。あの手術台の恐ろしさは、何だろうか?お産も同じような格好でするのに…あの手術台の冷たさ、ライトの眩しさ、生ぬるい空気、消毒の匂い…そんな事を考えながら、私は麻酔で意識を失った。

立て続けに起きてしまった流産は、私に、お産の喜びの両極にある、死を考えさせてくれた。そして、そこに関わる人たちの言葉掛けの非情さを実感させた。

同じことが起きても、声掛けでその体験は救われもするし落とされもする。人は人によって、救われ、貶められる。

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

日々の生活の中にあるもの

生活の中にあるお産、生活の中にある人の死。これは、私にとっては当たり前の感覚だったが、万人がそう思えるわけではない。万人が体験できることではない。それには覚悟もかなりいるのだ。何かあったら…という思いが、日常生活で起きることを、非日常へと遠ざけていく。 私は、女性として、自分が命を生み出す瞬間を、愛する人に全て見て欲しいと思っていた。それは、父親としての責任ではない。愛しているからこそ、私の最高な

特別な私

"私は特別じゃない" この言葉を私自身に投げかけて確かめる。 すると、私の体のどこかが反応する。 その時の弱っているところだったり、気になるところだったり。そして、その体の部分が何かを語り出す。 私は肉体と語り合うことが好きだ。 内臓、血液、息、骨、細胞…私の肉体を構成しているものたちの声を、きちんと聞き、要望に応え、私も要求する。 健康でいる事は、私の肉体への礼儀だ。 "私は私である事自体が、特

思いのまま動かす

母の思いを妹の口を通して聞いた私は、私自身を完全否定された気になり、その事がますます私という人間をおどおどさせた。嫌われたくない、否定されたくない、拒否されたくない。どれもこれも、人であるならば当然の感情だ。 私と母の関係の中で、この現状を回避するためには、いい子を演じる事が今までのセオリーだった。母を困らせたくない、母に迷惑をかけたくない。でも、本来の私自身のままでは、それは不可能な事なのだろう

Matthias culmination

2泊3日ファスティング合宿のおしらせ

 

宿泊先*静岡県沼津市内浦久料

廻廻-KAIE-

沼津のフレッシュジュースのお店

『MATAHARI』とのコラボで実現した、

酵素ジュース、コンブチャ、コールドプレスジュース

のみで過ごす3日間です。

お供の水は、<ガイアの水135>

お供のデトックスティーは、<ケツメイシ>

<3大お土産特典付き!!>

その①自分で作った酵素ジュースお持ち帰り

その②ガイアの水135ライトボトル(10,520円相当)プレゼント

その③vaginaケアクリームプレゼント

子連れOK

​友達同士割引あり

現役看護師であるV.Matthias project主催kyaraによる

​全く新しいファスティングプログラムです

このファスティング合宿の目的は、体重減少や、体脂肪率減少でも、デトックスでもありません。

もちろんそれもあるかもしれないけれど、それはおまけの効果です。

最大の目的は、

食欲に蓋をして、性欲を増強させること!!

とことん真面目にこれでもかってぐらいに、

vaginaの事、sexの事、

愛の事を追求するプログラムです

お母さんでも、仕事してても、眼が回るように忙しくても、貴方はオンナです

ホンモノのオンナになった最高の自分自身に出会う

これが、Matthias culminatin

​最大のミッションです!!!

この合宿に参加することで、

貴方のvaginaが開かれ、体の中の凝り固まった、

ガチガチの思い込みをぶち壊して

流して通りをよくしましょう!!!

3日間で貴方の中のオンナに、火をつけます

めくるめく濃い内容については、

次のページでご紹介いたします。

​​