• kyara

陳腐なlost virginそしてホンモノへ

そんな16歳のある日、クラスメイトの友人の男の子と遊ぶことになった。私からしたら子供の男の子たちだった。3人でバイクで家まで迎えに来た。向かった先はホテルだった。バイクにたやすく乗った自分がバカだと気づいたが遅かった。その名前も知らない男の子たちによってあっけないlost virginを迎えた。

何も気持ちよくないし、愛されてもいない、何より、名前も知らない初対面の3人だった。オナニーでオカズにしていたようなものは、一切そこにはなかった。

悲しいとかいう感情はなかった。

期待はずれだし的外れ、SEXってこんなにつまらないものなのか?と、ガッカリしたのだった。

レイプ?まわされた?4P?どれも当てはまるような出来事だった。

その事があってすぐに、ジョニーから電話が来た。

その色っぽい声に涙が出たのだった。そして、自分がした愚かな出来事を告白した。するとジョニーは、タクシーで迎えに来た。夜中だったから、飲み屋の電飾がキラキラした街を一緒に歩き、公園で話をした。泣きはしなかった。安心感でいっぱいになっていたからだ。

「ホテル行こう」

思いもよらないジョニーからの言葉だった。もう遅いし、少し休もうみたいな事を付け加えた。

歩いてホテルに入り、ソファで話をした。その指には三連の指輪があった。

「そういうことするつもりなら、最初から指輪は外してくるよ。だから、心配しないでもう寝な」

そりゃそうだよね。ジョニーの言葉を信じ、私はベットで、彼はソファで休んだ。

ふと目がさめると、ジョニーが私の横にいた。ベットで抱き合い私は溶けていった。

「ずっと好きだったの」

涙が溢れた。そしてキスをした。それだけでオーガズムを感じた。そこからあまり記憶がないのだが、体を重ねSEXをした。幸せで嬉しくて、初めてオンナの喜びを知った。

彼とは、それきり体を重ねる事はなかった。

SEXした事で、かえって彼への思いで苦しくなる結末を迎えたのだった。

可愛い女の子から、女へ変貌を遂げた瞬間から、オンナ独特のいやらしさが出たように思う。

0回の閲覧

Matthias culmination

2泊3日ファスティング合宿のおしらせ

 

宿泊先*静岡県沼津市内浦久料

廻廻-KAIE-

沼津のフレッシュジュースのお店

『MATAHARI』とのコラボで実現した、

酵素ジュース、コンブチャ、コールドプレスジュース

のみで過ごす3日間です。

お供の水は、<ガイアの水135>

お供のデトックスティーは、<ケツメイシ>

<3大お土産特典付き!!>

その①自分で作った酵素ジュースお持ち帰り

その②ガイアの水135ライトボトル(10,520円相当)プレゼント

その③vaginaケアクリームプレゼント

子連れOK

​友達同士割引あり

現役看護師であるV.Matthias project主催kyaraによる

​全く新しいファスティングプログラムです

このファスティング合宿の目的は、体重減少や、体脂肪率減少でも、デトックスでもありません。

もちろんそれもあるかもしれないけれど、それはおまけの効果です。

最大の目的は、

食欲に蓋をして、性欲を増強させること!!

とことん真面目にこれでもかってぐらいに、

vaginaの事、sexの事、

愛の事を追求するプログラムです

お母さんでも、仕事してても、眼が回るように忙しくても、貴方はオンナです

ホンモノのオンナになった最高の自分自身に出会う

これが、Matthias culminatin

​最大のミッションです!!!

この合宿に参加することで、

貴方のvaginaが開かれ、体の中の凝り固まった、

ガチガチの思い込みをぶち壊して

流して通りをよくしましょう!!!

3日間で貴方の中のオンナに、火をつけます

めくるめく濃い内容については、

次のページでご紹介いたします。

​​