Matthias culmination

2泊3日ファスティング合宿のおしらせ

 

宿泊先*静岡県沼津市内浦久料

廻廻-KAIE-

沼津のフレッシュジュースのお店

『MATAHARI』とのコラボで実現した、

酵素ジュース、コンブチャ、コールドプレスジュース

のみで過ごす3日間です。

お供の水は、<ガイアの水135>

お供のデトックスティーは、<ケツメイシ>

<3大お土産特典付き!!>

その①自分で作った酵素ジュースお持ち帰り

その②ガイアの水135ライトボトル(10,520円相当)プレゼント

その③vaginaケアクリームプレゼント

子連れOK

​友達同士割引あり

現役看護師であるV.Matthias project主催kyaraによる

​全く新しいファスティングプログラムです

このファスティング合宿の目的は、体重減少や、体脂肪率減少でも、デトックスでもありません。

もちろんそれもあるかもしれないけれど、それはおまけの効果です。

最大の目的は、

食欲に蓋をして、性欲を増強させること!!

とことん真面目にこれでもかってぐらいに、

vaginaの事、sexの事、

愛の事を追求するプログラムです

お母さんでも、仕事してても、眼が回るように忙しくても、貴方はオンナです

ホンモノのオンナになった最高の自分自身に出会う

これが、Matthias culminatin

​最大のミッションです!!!

この合宿に参加することで、

貴方のvaginaが開かれ、体の中の凝り固まった、

ガチガチの思い込みをぶち壊して

流して通りをよくしましょう!!!

3日間で貴方の中のオンナに、火をつけます

めくるめく濃い内容については、

次のページでご紹介いたします。

​​

  • kyara

肉体との別れ

前夜式、告別式と時は確実に進み、家族みんなが疲弊し、母はフラフラになりながら父の写真を持ってやっと歩いた。私は、滞りなく事が進むことだけを考えていて、父を偲ぶというところまで気が回らなかった。

しかし、火葬する時、なぜこんな酷い事をしなきゃいけないのか、胸を掻き毟られるような思いになり、苦しくて立っていられなかった。誰かに支えてもらわなければ立っていられないほどだったが、母を支えていた私は踏ん張って耐えた。燃え盛る炎に包まれる父を想像しただけで、気が狂いそうだったが、平静を装い、気丈な長女でいる事に徹した。辛かった。苦しかった。泣き叫んで泣き崩れてめちゃくちゃになりたかった。でもできなかった。

火葬している間は、親戚に挨拶して回り、母ができない事を私がサポートした。本当なら、じっとして父を偲びたかった。肉体から抜け出て、魂になって神の元へ辿り着いたのかどうか、父と話したかった。

父の魂が神様の元へ行っている事は、頭ではわかっていたはずだ。だけど、目の前の父の肉体は紛れもない父だ。神は、なぜこんな酷い事をするのか?敬虔なクリスチャンだった両親になぜこんな仕打ちをするのか?私は神を呪った。当時の私には、安らかな死によって、父が救いの中にいる事が理解できなかったのである。

火葬が終わり、父の骨が出てきた。それは紛れもなく骨という固形物であり、父ではなかった。その骨を長い箸で拾うというわけのわからない習慣は、私を混乱させた。混乱のうちに滞りなく事は終わり、父は教会の納骨堂のロッカーのような棚の中に納骨された。

初めての身内の葬式は、不思議な日本の風習に戸惑いながらも、私が望んだ通り滞りなくつつがなく終わった。

6回の閲覧