Matthias culmination

2泊3日ファスティング合宿のおしらせ

 

宿泊先*静岡県沼津市内浦久料

廻廻-KAIE-

沼津のフレッシュジュースのお店

『MATAHARI』とのコラボで実現した、

酵素ジュース、コンブチャ、コールドプレスジュース

のみで過ごす3日間です。

お供の水は、<ガイアの水135>

お供のデトックスティーは、<ケツメイシ>

<3大お土産特典付き!!>

その①自分で作った酵素ジュースお持ち帰り

その②ガイアの水135ライトボトル(10,520円相当)プレゼント

その③vaginaケアクリームプレゼント

子連れOK

​友達同士割引あり

現役看護師であるV.Matthias project主催kyaraによる

​全く新しいファスティングプログラムです

このファスティング合宿の目的は、体重減少や、体脂肪率減少でも、デトックスでもありません。

もちろんそれもあるかもしれないけれど、それはおまけの効果です。

最大の目的は、

食欲に蓋をして、性欲を増強させること!!

とことん真面目にこれでもかってぐらいに、

vaginaの事、sexの事、

愛の事を追求するプログラムです

お母さんでも、仕事してても、眼が回るように忙しくても、貴方はオンナです

ホンモノのオンナになった最高の自分自身に出会う

これが、Matthias culminatin

​最大のミッションです!!!

この合宿に参加することで、

貴方のvaginaが開かれ、体の中の凝り固まった、

ガチガチの思い込みをぶち壊して

流して通りをよくしましょう!!!

3日間で貴方の中のオンナに、火をつけます

めくるめく濃い内容については、

次のページでご紹介いたします。

​​

  • kyara

罪悪感と快楽と

私の母は教育者だった。そして敬虔なクリスチャンだった。つまり、性に真逆の存在だったのだ。

従って、私は神様からの預かりものと言われていた。一時的にお母さんがお預かりしているの、と。子供心にこの言葉に私は傷ついた。でも傷ついている事は表に出さず、笑っていた。

そして、私には2つ下の妹がいて、母はそれ以外に2人の子を預かっていた。私は名前を呼ばれるのではなく、"お姉ちゃん"という役回りになっていた。お姉ちゃんは、頼り甲斐があって、お母さんの右腕的存在で、素直で従順でなければならなかった。

母は、そりゃあもう厳しく、日々怒られないように顔色を見たし、必死にいい子でいた。でも、それが私だと認識した母は当然の如く褒めるということはあまりなかったと記憶している。

母も当時の自分について、厳しかったと自己評価しているので間違いない事実だ。

しかし、母の事が誰よりも大好きだった。これは紛れも無い事実だ。だからこそ、母の厳しさにも食らいついていった。

毎日カレンダーを見て、仏滅だから怒られたんだ、大安だから怒られないんだ…なぁんて事も思っていた(笑)

そんな母の前において、私のオンナの部分は間違いなく罪だったはずだ。しかし、小学校低学年で私は間違いなくオンナの喜びを知ってしまっていたのだった。

14回の閲覧