• kyara

結婚してみる、人を感じてみる

社会人となり、バンドも辞めて、ひょんな事から看護学生になった私だったが、仕事は思いのほか楽しく面白く感慨深いものだった。

プライベートでは、同棲を経て入籍もした。父が手紙を持って職場まで来てくれて、師長の手を介して私の元に届けてくれた。事実上の結婚の許しが記されていた。私は師長室で嗚咽をあげて泣き、19歳の誕生日に籍を入れて、ケニーの妻になった。



病院内での看護助手をしながら、看護学生をやるという日々の中で、人が死ぬところを見た事がなかった私は、衝撃も受けたし、また、生き切ることの素晴らしさも知った。私が働いていたのは老人病院と呼ばれる、要するに最後の場所だったので、多くの老人と触れ合うこととなった。

内科や外科、整形外科、循環器科、脳神経外科といったメジャーな課ではなく、老人内科。スタートがそこだったからこそ、私は今も看護師が好きなんだと思うのだ。

人生の最後に立ち会う私にとって、その人が生きてきた証が体であった。認知症になり麻痺があり、自由にならない体は、その人の全てを物語る。どんな人生を歩んできたのか?私はとても興味深かった。そして、人が命を生き切り死ぬという事にも、とても興味があった。

老人病院という名前の元、そのくくりでは収まらない人達も多く入院してきた。


例えば、50代アルビノの男性。精神薄弱で言葉を持たない彼は、鋭い眼光で人を寄せ付けなかった。動物同様或いは、それ以上の警戒心で、暴れ吠える事で自分を表現していた。肌は透き通る白さ、そして冷たい。瞳はどこか異国の海のように透き通ったブルー。"青"ではなかった。初めて目の当たりにするアルビノ。

私は様々な事を調べた。アルビノの悲しい歴史や苦しみ。それからが私自身を彼へと向かわせた。

彼が生まれてから、今この場に至るまで、どんなものを見て感じてきたのか。愛したり愛されたりしたのだろうか?自分自身を愛した事があるのだろうか?

言葉を持たない彼に対して、私は真正面から言葉を話すのではなく、斜め横辺りから空気を伝わって私の思いを届けてみた。

「私はあなたをもっとよく知りたいよ」

彼のペースで彼の許可が出るまで、距離を取ったまま、だけど同じ熱量で彼の斜め横にいる事を続けた。

ある日、彼が私に手を伸ばしたので、私は彼の手を握り、笑うと彼も笑った。彼からオッケーが出たんだなと確信した。人は、誰しも愛したいし愛されたいはずだ。誰かと交わりたいし交わる事への恐怖もある。

この彼との事は、私の看護師人生だけではなく、人として生きていく時の糧となったに違いない。

0回の閲覧

Matthias culmination

2泊3日ファスティング合宿のおしらせ

 

宿泊先*静岡県沼津市内浦久料

廻廻-KAIE-

沼津のフレッシュジュースのお店

『MATAHARI』とのコラボで実現した、

酵素ジュース、コンブチャ、コールドプレスジュース

のみで過ごす3日間です。

お供の水は、<ガイアの水135>

お供のデトックスティーは、<ケツメイシ>

<3大お土産特典付き!!>

その①自分で作った酵素ジュースお持ち帰り

その②ガイアの水135ライトボトル(10,520円相当)プレゼント

その③vaginaケアクリームプレゼント

子連れOK

​友達同士割引あり

現役看護師であるV.Matthias project主催kyaraによる

​全く新しいファスティングプログラムです

このファスティング合宿の目的は、体重減少や、体脂肪率減少でも、デトックスでもありません。

もちろんそれもあるかもしれないけれど、それはおまけの効果です。

最大の目的は、

食欲に蓋をして、性欲を増強させること!!

とことん真面目にこれでもかってぐらいに、

vaginaの事、sexの事、

愛の事を追求するプログラムです

お母さんでも、仕事してても、眼が回るように忙しくても、貴方はオンナです

ホンモノのオンナになった最高の自分自身に出会う

これが、Matthias culminatin

​最大のミッションです!!!

この合宿に参加することで、

貴方のvaginaが開かれ、体の中の凝り固まった、

ガチガチの思い込みをぶち壊して

流して通りをよくしましょう!!!

3日間で貴方の中のオンナに、火をつけます

めくるめく濃い内容については、

次のページでご紹介いたします。

​​