• kyara

私を支えてくれたもの

父の容体が悪化する前に、ジョージと別れた。想像なのだが、ジョージは店のアシスタントとも付き合っていて、その子が妊娠したらしい。まぁ、そういう男だったよね、そういえば、という感想だった。

そして、何故だか、ジョージの弟のユウという、それも美容師だったが、ジョージの話を聞いてもらっているうちに意気投合し、遊ぶようになった。気晴らしだったかもしれない。だが、気は晴れぬまま、父が亡くなった。

その後、ユウと会って遊んでも全くもってつまらなくなり、会う事もなくなった。

父が亡くなった事実を、真っ先に伝えたのは、他でもない、ジェイソンだった。

ジェイソンはすぐに来てくれた。そして、父の口にワインでお湿しをして、ベットで寝ていた父を、布団に寝かせてくれたり、部屋を片付けてくれたり、力が抜けて何もできない私達の代わりに、黙々と働いてくれた。当時、私の家族で男は、祖父と弟だけで、まだ高校三年生だった弟は、そこまで大人ではなかった。

ジェイソンは、黙って背中で私達家族に尽くしてくれた。付き合ってもいない、昔の女の父の死に、そうやって誠意を持って向き合ってくれた。黙々と働いたのち、

「俺にできることがあったら、すぐに連絡して。そして、葬式の日程決まったらまた連絡して」

と言い残し、鮮やかに帰って行った。

初めて身内の葬式をする事になった私達家族には、決めなければいけないことが山ほどあり、悲しみのうちにある私達は、頭が回らず疲弊していた。そんな時に出しゃばり、偉そうな事を言っていたのが、父と母の仲人をした人物だった。

そいつは、葬式の算段をしているところへズカズカ入ってきて、私の弟を呼び、

「いいか、お前がこの家の長男なんだからな、お前が決めろ」

と、バカじゃねえの?と突っ込みたくなる事を言い出した。大体、お前何様だ?成人もしてない一番下の弟連れ出して、男だからまとめろと偉そうに言っているお前は、部外者なんだよ!と、私は憤慨した。もちろん、このまま言ったわけではない。

「すみませんが、弟はまだ高校三年生です。葬式については、長女の私が中心となって母と決めていきますので、どうぞお帰りください」

精一杯冷静に、冷たく言い放った。顔は相当に睨んでいただろうと想像する。

弟は、私の9歳年下だ。弟とは、私がグレたあたりからあまり接触がなかったが、紛れもなく私の弟で、今、父を失い、路頭に迷っている弟に、私がしてやれる事は、これぐらいの事だったわけだ。

その時反射的に、私に夫がいたら…と、想像したが、すぐに打ち消した。現実、居ないのだから、私がやるしかないのだと、悲しみから奮い立たせたのだった。

それは、昼間、ジェイソンが私達家族に、精一杯尽くしてくれた姿を見せてくれたからかもしれない。

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

日々の生活の中にあるもの

生活の中にあるお産、生活の中にある人の死。これは、私にとっては当たり前の感覚だったが、万人がそう思えるわけではない。万人が体験できることではない。それには覚悟もかなりいるのだ。何かあったら…という思いが、日常生活で起きることを、非日常へと遠ざけていく。 私は、女性として、自分が命を生み出す瞬間を、愛する人に全て見て欲しいと思っていた。それは、父親としての責任ではない。愛しているからこそ、私の最高な

特別な私

"私は特別じゃない" この言葉を私自身に投げかけて確かめる。 すると、私の体のどこかが反応する。 その時の弱っているところだったり、気になるところだったり。そして、その体の部分が何かを語り出す。 私は肉体と語り合うことが好きだ。 内臓、血液、息、骨、細胞…私の肉体を構成しているものたちの声を、きちんと聞き、要望に応え、私も要求する。 健康でいる事は、私の肉体への礼儀だ。 "私は私である事自体が、特

思いのまま動かす

母の思いを妹の口を通して聞いた私は、私自身を完全否定された気になり、その事がますます私という人間をおどおどさせた。嫌われたくない、否定されたくない、拒否されたくない。どれもこれも、人であるならば当然の感情だ。 私と母の関係の中で、この現状を回避するためには、いい子を演じる事が今までのセオリーだった。母を困らせたくない、母に迷惑をかけたくない。でも、本来の私自身のままでは、それは不可能な事なのだろう

Matthias culmination

2泊3日ファスティング合宿のおしらせ

 

宿泊先*静岡県沼津市内浦久料

廻廻-KAIE-

沼津のフレッシュジュースのお店

『MATAHARI』とのコラボで実現した、

酵素ジュース、コンブチャ、コールドプレスジュース

のみで過ごす3日間です。

お供の水は、<ガイアの水135>

お供のデトックスティーは、<ケツメイシ>

<3大お土産特典付き!!>

その①自分で作った酵素ジュースお持ち帰り

その②ガイアの水135ライトボトル(10,520円相当)プレゼント

その③vaginaケアクリームプレゼント

子連れOK

​友達同士割引あり

現役看護師であるV.Matthias project主催kyaraによる

​全く新しいファスティングプログラムです

このファスティング合宿の目的は、体重減少や、体脂肪率減少でも、デトックスでもありません。

もちろんそれもあるかもしれないけれど、それはおまけの効果です。

最大の目的は、

食欲に蓋をして、性欲を増強させること!!

とことん真面目にこれでもかってぐらいに、

vaginaの事、sexの事、

愛の事を追求するプログラムです

お母さんでも、仕事してても、眼が回るように忙しくても、貴方はオンナです

ホンモノのオンナになった最高の自分自身に出会う

これが、Matthias culminatin

​最大のミッションです!!!

この合宿に参加することで、

貴方のvaginaが開かれ、体の中の凝り固まった、

ガチガチの思い込みをぶち壊して

流して通りをよくしましょう!!!

3日間で貴方の中のオンナに、火をつけます

めくるめく濃い内容については、

次のページでご紹介いたします。

​​