Matthias culmination

2泊3日ファスティング合宿のおしらせ

 

宿泊先*静岡県沼津市内浦久料

廻廻-KAIE-

沼津のフレッシュジュースのお店

『MATAHARI』とのコラボで実現した、

酵素ジュース、コンブチャ、コールドプレスジュース

のみで過ごす3日間です。

お供の水は、<ガイアの水135>

お供のデトックスティーは、<ケツメイシ>

<3大お土産特典付き!!>

その①自分で作った酵素ジュースお持ち帰り

その②ガイアの水135ライトボトル(10,520円相当)プレゼント

その③vaginaケアクリームプレゼント

子連れOK

​友達同士割引あり

現役看護師であるV.Matthias project主催kyaraによる

​全く新しいファスティングプログラムです

このファスティング合宿の目的は、体重減少や、体脂肪率減少でも、デトックスでもありません。

もちろんそれもあるかもしれないけれど、それはおまけの効果です。

最大の目的は、

食欲に蓋をして、性欲を増強させること!!

とことん真面目にこれでもかってぐらいに、

vaginaの事、sexの事、

愛の事を追求するプログラムです

お母さんでも、仕事してても、眼が回るように忙しくても、貴方はオンナです

ホンモノのオンナになった最高の自分自身に出会う

これが、Matthias culminatin

​最大のミッションです!!!

この合宿に参加することで、

貴方のvaginaが開かれ、体の中の凝り固まった、

ガチガチの思い込みをぶち壊して

流して通りをよくしましょう!!!

3日間で貴方の中のオンナに、火をつけます

めくるめく濃い内容については、

次のページでご紹介いたします。

​​

  • kyara

看護師としての新たな視点

老人病院でしか勤務経験のなかった私にとって、胃腸科外科での仕事は、看護学生以来の勉強に次ぐ勉強の日々だった。

老人病院での仕事は、主に、患者の日常生活の世話が仕事である。環境整備に始まり、排泄や食事の介助、保清に多くの時間が割かれている。もちろん健康管理も重要な仕事ではあるが、高齢者の特徴としてある、多くの病気を重複して持っていることや、様々な生理的変化によって、教科書的なことはあまり通用しないことが多かった。

その中で、私は多くの死を見てきた。孤独な死が多かった。身寄りがなく、生活保護を受けながら、死んでいっていった人は数知れない。ある医者が、転倒したことを報告した私に、「誰も悲しまないでしょ?」と言ったことがあり、私は憤慨した。私が悲しいのだ。日々の生活を見てきた私が悲しいんですと。医者は、変なものを見るような視線を私に投げた。だから、私は、医者に絶望していたのかもしれない。

胃腸科外科での仕事は、外来業務、内視鏡介助、病棟業務、オペ室業務と多岐にわたっていた。私にとってそれらは、初めての経験のものばかりだった。だからこそ、必死で勉強したし、くらいついていこうと努力した。そして、患者家族としての私という役回りもあり、スタッフはやりづらかったのではないかと推測されるが、みんな優しくて、丁寧に仕事を教えてくれた。

とりわけ師長は今でも交流があるのだが、私の看護師人生に多大な影響を及ぼした人である。初めて会った時、その鋭いまなざしで、今まで何を見てきたのか、私の好奇心は踊った。私は、鋭い眼差しが大好物だ。

ターミナルケア、在宅看護に対する情熱は、誰にも負けなかったし、突出していた。私達患者家族からしても、師長の口から出る言葉に一目も二目も置いていた。

老人病院上がりの私に、師長は徹底して外科看護を叩き込んでいった。それは、厳しく優しく、私の看護師としての肉付けをしていった。

そして、師長の真骨頂でもある、ターミナルケアや在宅看護について、私は自分の父とリンクさせながら学んでいった。それは、患者家族の私にしかできない学びだった。

8回の閲覧