• kyara

父との夜のデート

その年の夏、昼間、父と長男とバイクで釣りに出かけ、真っ赤に日焼けした肌をクールダウンしていた時、父から電話がかかってきた。

「ルアーを忘れてきたから、今から取りに行ってくれるか?」

私はすぐに父の元へ向かった。父は、もうすでに点滴を始めていた。ちょっと考えて、そうだ、四駆に横になりながら行けば、点滴も落ちるし、詰まらないだろう。

四駆のシートをフラットに倒し、父を横にした。点滴は、心臓との落差がないと落ちない。そのため、落差をつけるために横にしたのだ。そして、なんとか落差を保ち、点滴を全開近くまで開放して滴下を保持した。よし、これなら行けるぞ!

私は昼間の防波堤まで車を走らせた。ルアーなんて残ってるわけないじゃん、と思いながらも、父とのドライブが楽しかった。現場につき、父は点滴をS字フックごと後ろ手で背中に引っ掛け、防波堤を散歩した。もちろん、ルアーなんてなかった。だけど、星が綺麗で瞬いていて、月も静かに綺麗だった。父は、ふらりと外に出たくなったんだろうと察しがついた。

そこで、飲みにいく事を提案した。私は飲めないが、雰囲気のいいバーを知っていたので、そこへ連れていく事にした。父はとても喜んだ。このまま帰るにはあまりにももったいなかったのだ。何がもったいないのか?全てがもったいなく感じた。この星も月も時間も何もかも…

少し走って着いたバーの店員に、点滴を窓辺に引っ掛けてお酒を飲ませて欲しいと話すと、父を見てちょっとビックリしたが、私が娘で看護師だと言うと窓辺の外が見えるステキな席を準備してくれた。そこで父は、オシャレな名前のカクテルを頼んだ。なんだかあまりにもステキなシチュエーションで、クラクラした。時間は優しくゆったりと流れていった。たわいも無い話をして、クスクス笑って、父もこのシチュエーションを楽しんでいた。

私が唯一、父を独占した時間だった。

優しくて穏やかで、争いが嫌いで、礼儀を重んじて、人との交わりを大切にして、誰からも好かれていた父だった。居るか居ないかわからないぐらいに、私達家族の中でも主張をしない父だった。だけど、いざという時の判断力や行動力は、さすが、本家の長男であり一国の主人だった。

そんな父が大好きだった。いつでも私を大きな愛で包んでくれて、決して感情的にならず、自分のモノサシでものを押し付ける事は決してせずに、常に冷静で同じ距離感で私を見ていてくれた。

この夜の出来事があるからこそ、私は父との時間を、穏やかに優しい気持ちで思い出せるのかもしれない。

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

日々の生活の中にあるもの

生活の中にあるお産、生活の中にある人の死。これは、私にとっては当たり前の感覚だったが、万人がそう思えるわけではない。万人が体験できることではない。それには覚悟もかなりいるのだ。何かあったら…という思いが、日常生活で起きることを、非日常へと遠ざけていく。 私は、女性として、自分が命を生み出す瞬間を、愛する人に全て見て欲しいと思っていた。それは、父親としての責任ではない。愛しているからこそ、私の最高な

特別な私

"私は特別じゃない" この言葉を私自身に投げかけて確かめる。 すると、私の体のどこかが反応する。 その時の弱っているところだったり、気になるところだったり。そして、その体の部分が何かを語り出す。 私は肉体と語り合うことが好きだ。 内臓、血液、息、骨、細胞…私の肉体を構成しているものたちの声を、きちんと聞き、要望に応え、私も要求する。 健康でいる事は、私の肉体への礼儀だ。 "私は私である事自体が、特

思いのまま動かす

母の思いを妹の口を通して聞いた私は、私自身を完全否定された気になり、その事がますます私という人間をおどおどさせた。嫌われたくない、否定されたくない、拒否されたくない。どれもこれも、人であるならば当然の感情だ。 私と母の関係の中で、この現状を回避するためには、いい子を演じる事が今までのセオリーだった。母を困らせたくない、母に迷惑をかけたくない。でも、本来の私自身のままでは、それは不可能な事なのだろう

Matthias culmination

2泊3日ファスティング合宿のおしらせ

 

宿泊先*静岡県沼津市内浦久料

廻廻-KAIE-

沼津のフレッシュジュースのお店

『MATAHARI』とのコラボで実現した、

酵素ジュース、コンブチャ、コールドプレスジュース

のみで過ごす3日間です。

お供の水は、<ガイアの水135>

お供のデトックスティーは、<ケツメイシ>

<3大お土産特典付き!!>

その①自分で作った酵素ジュースお持ち帰り

その②ガイアの水135ライトボトル(10,520円相当)プレゼント

その③vaginaケアクリームプレゼント

子連れOK

​友達同士割引あり

現役看護師であるV.Matthias project主催kyaraによる

​全く新しいファスティングプログラムです

このファスティング合宿の目的は、体重減少や、体脂肪率減少でも、デトックスでもありません。

もちろんそれもあるかもしれないけれど、それはおまけの効果です。

最大の目的は、

食欲に蓋をして、性欲を増強させること!!

とことん真面目にこれでもかってぐらいに、

vaginaの事、sexの事、

愛の事を追求するプログラムです

お母さんでも、仕事してても、眼が回るように忙しくても、貴方はオンナです

ホンモノのオンナになった最高の自分自身に出会う

これが、Matthias culminatin

​最大のミッションです!!!

この合宿に参加することで、

貴方のvaginaが開かれ、体の中の凝り固まった、

ガチガチの思い込みをぶち壊して

流して通りをよくしましょう!!!

3日間で貴方の中のオンナに、火をつけます

めくるめく濃い内容については、

次のページでご紹介いたします。

​​