• kyara

撒かれた場所で咲くこと

ジェイソンと別れ、何もない日々が流れた…長男と2人きりの穏やかな日々。久しぶりの親子の時間だったのかもしれない。長男は、急に来なくなったユタカの事を不思議に思っているようだったが、子供であるがゆえ、すぐにその現状に順応した。

しばらくして、私はピンサロのお姉ちゃんと看護師のダブルワークを考えた。ジェイソンがいなくなった以上、長男との時間以外、私の時間だった。理由は簡単、金欲しさ。当時、四駆に乗っていた私は、そのローンを早く完済したいと考えたのだ。水商売もいいのだけれど、もっと効率よく短期間で稼げる仕事…それが風俗だった。でも、本番まではやりたくない。なのでピンサロという結論だった。

私にはジェイソンもいない。もうどうでもいい、やらば、やる事をやってしまいたい。借金の返済がそれだった。

面接の待ち合わせに行き、体験入店となった。源氏名は"あやの"。オーナーのヤクザの女が決めた。未経験で子持ちの私で勤まるのか?まぁ、やるだけやってみよう。そんな軽いノリだった。

月一で変わるというコスチュームに着替えた。その時は、OLのスタイルだった。アホなぐらいに短いスカート、アホなぐらいにはだけた胸元、明らかにこんなOLは世にいないだろう。頭の悪そうな仕事ができなさそうなOLになった私…鏡を見てちょっと滑稽だった。ある種のコスプレ或いは、ごっこをするところ、それがピンサロだったのだ。

コースは3種類。一番稼げるのはCコース。口で最後までイカすという、コース。私の手元には、1回で12000円入る。大抵の客は、Cコースを選択する。たかが数千円の差で、ペニスを手でマッサージするのかファラチオするのか、変わってくる。ならば、ファラチオしてもらおうと思うのが、人の心理なのだろう。

ピンサロにくる男とは、どんな輩なのか?興味もあった。金で女を買う、制欲を処理する、精液を排泄する、そのために高額な金を払う輩。

そして、そこで働く女とはどんな女なのか?そこにも無論、興味があった。私もそうだが、何か目的があるのか、金のためは言え、自分の体を投げ出すその行動の裏には、どんな想いがあるのか、自分自身をどうやって保持しているのか、その金で何をどうするつもりなのか?

初めての客に、ホール担当のボーイが、新人がいますという案内をして、あやのちゃんを勧めているのを、のぞき穴から見ていた。

店には、知り合いが来た時にバッティングしないように、面通し用の穴があった。

知らない男、男は嬉しそうにあやのちゃんを指名した。早っ!もう仕事?もうデビュー?

焦る間も無く、客はやってきた。気の良さそうなオジさん。私を見るなり嬉しそうに慣れた足取りで、個室に入った。

このように、素人があっという間に玄人になる、これが風俗の世界だ。

1時間前までは、シングルマザーの看護師。

1時間後には、ピンサロのあやのちゃん。今月は、OLさんよ〜。てな具合に…。

自己紹介して飲み物の注文を聞く。

飲み物を取りに行き、サービス開始。

キスをして服を脱がされ、オッパイ揉まれ、指マンされ、そして、ペニスをローションを使ってマッサージして、ファラチオしてフィニッシュして終わり。残り時間は、楽しくお話しして合計40分コース。

不思議なほど、難なくこなせた。私、意外と才能あるのかも。そして、お客さんも、普通にお金を払ってキチンと遊んでくれたから、イヤな気はしなかったのだ。

お客さんは帰りにボーイから感想を聞かれ、いやぁいい子が入ったね〜、次もあの子で頼むよ。と、ベタ褒めし、満足そうに帰っていくのを、私はのぞき穴から見て、ちょっとだけ嬉しくなった。疑似恋愛のような不思議な感覚。12000円の価値のあるサービスだったわけだ、アレぐらいで。しかも、また、あやのちゃんがいいだなんて、単純やなぁって可笑しくなっていた。

その日は全部で5人、お客さんの相手をし、その帰りに現金で売り上げをもらって、またよろしくね〜と、仕事を上がった。5人全員とも、あやのちゃんがお気に召し、次回も指名するよ、と満足していった。

いよいよ、ホンモノのピンサロ嬢になってしまった。そして、不思議なほど何とも思っていない、むしろ、楽しんでいた。

この日から、昼間は看護師、夜はピンサロ嬢という、2足のわらじ生活がスタートした。この生活は、たった3ヶ月だったが、四駆のローンを完済し、私と長男の日々の生活を金銭的に豊かにした。

しかし、睡眠時間も少なくなり、食事を取る時間もままならないピンサロ嬢の生活は、私の体を蝕み、ガリガリに痩せていった。お客さんからも心配されるほどだった。

私には、このような傾向があることは、重々知っていた。やるところまでやり、落ちるところまで落ちないと気が済まない、という性質を持ち合わせる為、非常に厄介な結末を迎えることとなってしまう。

この時もまさに、その展開だったと自負する。

0回の閲覧

Matthias culmination

2泊3日ファスティング合宿のおしらせ

 

宿泊先*静岡県沼津市内浦久料

廻廻-KAIE-

沼津のフレッシュジュースのお店

『MATAHARI』とのコラボで実現した、

酵素ジュース、コンブチャ、コールドプレスジュース

のみで過ごす3日間です。

お供の水は、<ガイアの水135>

お供のデトックスティーは、<ケツメイシ>

<3大お土産特典付き!!>

その①自分で作った酵素ジュースお持ち帰り

その②ガイアの水135ライトボトル(10,520円相当)プレゼント

その③vaginaケアクリームプレゼント

子連れOK

​友達同士割引あり

現役看護師であるV.Matthias project主催kyaraによる

​全く新しいファスティングプログラムです

このファスティング合宿の目的は、体重減少や、体脂肪率減少でも、デトックスでもありません。

もちろんそれもあるかもしれないけれど、それはおまけの効果です。

最大の目的は、

食欲に蓋をして、性欲を増強させること!!

とことん真面目にこれでもかってぐらいに、

vaginaの事、sexの事、

愛の事を追求するプログラムです

お母さんでも、仕事してても、眼が回るように忙しくても、貴方はオンナです

ホンモノのオンナになった最高の自分自身に出会う

これが、Matthias culminatin

​最大のミッションです!!!

この合宿に参加することで、

貴方のvaginaが開かれ、体の中の凝り固まった、

ガチガチの思い込みをぶち壊して

流して通りをよくしましょう!!!

3日間で貴方の中のオンナに、火をつけます

めくるめく濃い内容については、

次のページでご紹介いたします。

​​