• kyara

お金のエネルギー

家族5人の生活は、看護師をしながらはかなり厳しく、私は、病院を辞めた。

そして、ジェイソンの仕事の手伝いをしながら数ヶ月過ごした。

その期間、私には初めてのママ友と言える友達ができた。彼女は4人の娘を育てていた。長男とその子の長女が同級生で、仲良しだったのでそのご縁もあった。のちにその2人は、付き合う事になるのである。

私は、年子の次男と三男をベビーカーに乗せて、長男を連れて、あちこちに遊びに連れて行った。私が子供に遊んでもらっている感覚だった。

お昼にはジェイソンも現場から帰ってきて、子供たちの顔を見てご飯を食べて、また現場に戻るといった生活だった。

夜はみんな川の字で一緒に眠った。ボロボロの借家だったけど、工夫しながらの生活は楽しかったし、幸せだった。お金のことを除いては。

ふと考えたのだが、仕事をしないで家にいる事をジェイソンは望んだのかも、と。実は、私が家にいたのは数ヶ月だけで、すぐに友達に手伝って欲しいと言われて、重度障害者の施設でパートとして働くようになったのだった。


私が看護師をして収入を得ることは、ジェイソンにどんな影響を与えたのだろうか?お金はエネルギーであり、パワーだ。要するに力を持つ。きっと、ありがたいような恐ろしいような、という感じだったのではないかと推測する。

実際問題、私はサラリーマン、ジェイソンは自営業。収入の安定感は真逆なのだ。

この構図は私の両親も同じだった。博打のような自営業の父をそばで支えた母は、いつも不安だったと話す。手に職を持っていた母は、外で仕事をして自分のやりがいのある仕事をする事で収入を得ていた。

それは、父を支える事にもなっていた。


ある時、家計簿をつけてジェイソンに報告すると、お菓子なんていらねぇとか、子供を連れて遊びに行くためのガソリン代がもったいないとかケチをつけられた。これは、単に価値観の違いだとわかるのだが、私には不自由に感じたのだ。それは、私が手に職を持っていて、自分で稼ぐ術を知っているからだろう。自分で稼いでいれば文句ないだろ?的な発想だ。

これがダメなのだ。そういう問題じゃないんだよなぁと、今ならわかるのだが、当時のケツの青い私にはわからなかったのだ。つまりそれは、諍いが起こる事を意味する。

0回の閲覧

Matthias culmination

2泊3日ファスティング合宿のおしらせ

 

宿泊先*静岡県沼津市内浦久料

廻廻-KAIE-

沼津のフレッシュジュースのお店

『MATAHARI』とのコラボで実現した、

酵素ジュース、コンブチャ、コールドプレスジュース

のみで過ごす3日間です。

お供の水は、<ガイアの水135>

お供のデトックスティーは、<ケツメイシ>

<3大お土産特典付き!!>

その①自分で作った酵素ジュースお持ち帰り

その②ガイアの水135ライトボトル(10,520円相当)プレゼント

その③vaginaケアクリームプレゼント

子連れOK

​友達同士割引あり

現役看護師であるV.Matthias project主催kyaraによる

​全く新しいファスティングプログラムです

このファスティング合宿の目的は、体重減少や、体脂肪率減少でも、デトックスでもありません。

もちろんそれもあるかもしれないけれど、それはおまけの効果です。

最大の目的は、

食欲に蓋をして、性欲を増強させること!!

とことん真面目にこれでもかってぐらいに、

vaginaの事、sexの事、

愛の事を追求するプログラムです

お母さんでも、仕事してても、眼が回るように忙しくても、貴方はオンナです

ホンモノのオンナになった最高の自分自身に出会う

これが、Matthias culminatin

​最大のミッションです!!!

この合宿に参加することで、

貴方のvaginaが開かれ、体の中の凝り固まった、

ガチガチの思い込みをぶち壊して

流して通りをよくしましょう!!!

3日間で貴方の中のオンナに、火をつけます

めくるめく濃い内容については、

次のページでご紹介いたします。

​​